【銀河鉄道車両局へ戻る】
【正面玄関ロビーに戻る】

全国の「銀河鉄道999号」

「銀河鉄道999号」として走行した

SLや列車の記録と整理プロジェクト

この企画は、劇場版「銀河鉄道999」公開記念として、1979年7月22・23日の「ミステリーツアー銀河鉄道999」から始まった本物の蒸気機関車及び列車を使用して「銀河鉄道999号」として走行した記録を整理しておこうという趣旨です。管理人が実際に乗車や体験していないイベントが大多数ですので、できる限りわかる範囲で整理していきます。



ミステリーツアー 銀河鉄道999 ロマンの旅
走行期間 1979年(昭和54年)07月22日(日)・23日(月)
走行区間 国鉄上野駅〜烏山駅
主催 国鉄、日本旅行
概要 劇場版「銀河鉄道999」が、1979年(昭和54年)8月4日に全国東映洋画系で劇場公開されるのを記念して、7月22・23日に国鉄・日本旅行の主催で行先不明のミステリートレイン銀河鉄道999号が走りました。


大井川鉄道SLロマンの旅
走行期間 1981年(昭和56年)07月05日(日)
走行区間 大井川鉄道大井川線
主催 静岡けんみんテレビ
概要 募集人員:500名
情報元:ラポート「ファンロード1981年7月号P21に
「この夏も999ツアーはいっぱいだ」のタイトルで、<大井川鉄道SLロマンの旅>の募集記事がありました。


日中アニメ文化交流「さよなら銀河鉄道999〜アンドロメダ終着駅〜」中国大陸SLロマンの旅
走行期間 1981年(昭和56年)07月23日(木)〜26日(日)
走行区間 中華人民共和国 上海駅〜無錫駅
主催 東映(株)
概要 劇場版「さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅−」が、昭和56年(1981年)8月1日 全国東映洋画系公開で劇場公開されるのを記念して、アニメを通じた日本と中国の青少年による文化交流。999号に装飾したSLで中国・上海から無錫間約128kmを走行しました。


ミステリーツアー さよなら銀河鉄道999 ロマンの旅
走行期間 1981年(昭和56年)07月25日(土)〜26日(日)
走行区間 国鉄 札幌駅〜上士幌駅
主催 東映(株)、札幌テレビ
概要 1981年(昭和56年)公開の劇場版「さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅−」の映画宣伝で、7月25日から1泊2日で開催されました。参加者は10歳から18歳までで、ラジオで呼びかけた応募者1,070人の中から抽選で450人が選ばれ、参加料9,999円でアンドロメダ行のパスポートを持って北海道にミステリー列車が走りました。


銀河鉄道999運転(イベント名称不明)
走行期間 1997年(平成9年)08月18日(月)・22日(金)
走行区間 18日(月) 高崎〜伊勢崎〜長野を往復
       (客扱いは伊勢崎〜小諸間)
22日(金) 高崎〜吹上〜長野を往復
       (客扱いは熊谷〜小諸間)
主催 JR東日本
概要 8月18・22日の両日、「銀河鉄道999」が高崎運転所の「やすらぎ」を使用して、EF5861とEF62の活躍で運転された。
情報元:鉄道ファン1997年11月号P134・135記事


ミステリートレイン 銀河鉄道999
走行期間 1997年(平成9年)08月23日(土)・24日(日)
走行区間 JR品川駅〜沼津駅
主催 JR東日本
概要 1997年(平成9年)8月23日(土)・24日(日)にて、「平成9年9月9日」を記念してJR東日本でミステリー列車のツアーが企画され、松本先生も同行して東京駅を出発、東海道本線を経由して沼津駅で折り返し、御殿場線の駿河小山駅へ。帰りは東海道貨物線、神奈川の高島貨物線、横須賀線を経由した路線を走りました。


平成9年9月9日記念「夜行SL列車999号」
走行期間 1997年(平成9年)09月06日(土)
走行区間 大井川鉄道 新金谷駅〜千頭駅
主催 大井川鉄道
概要 平成9年9月9日を記念して「夜行SL列車999号」が平成9年9月6日(土)に運転されました。夜間撮影会は、18時過ぎから千頭駅転車台で実施され、撮影会終了後、「夜行SL列車999号」(変1004レ)は金谷駅に出発しました。


「銀河鉄道999号」で行く銀河高原の旅 銀河鉄道999フェスティバルin銀河高原
走行期間 1997年(平成9年)09月09日(火)、15日(月・祝)、21日(日)
走行区間 JR盛岡駅〜ほっとゆだ駅
主催 JR東日本
概要 「銀河鉄道999フェスティバルin銀河高原」のイベントに合わせて、JR盛岡駅から夢の臨時列車「銀河鉄道999号」と「銀河バス999号」に乗車して銀河高原の旅に出るイベントがありました。


<劇場版最新作>銀河鉄道999〜エターナル・ファンタジー〜公開記念 名鉄ミステリー列車 銀河鉄道999号
走行期間 1998年(平成10年)03月01日(日)
走行区間 名鉄金山駅〜三柿野駅
主催 名古屋鉄道
概要 劇場版「銀河鉄道999〜エターナル・ファンタジー〜」が、1998年(平成10年)3月7日に全国東映系で劇場公開されるのを記念して、3月1日(日)に名古屋鉄道の主催で行先不明の名鉄ミステリー列車銀河鉄道999号が走りました。


夏休み特別企画 銀河鉄道999号で阿蘇へ行こう!
走行期間 1999年(平成11年)07月18日(日)〜8月31日(火)
走行区間 JR熊本駅〜宮地駅
主催 JR九州
概要 1999年7月18日(日)〜8月31日(火)の夏休み期間中に、熊本県のJR九州豊肥本線にて、SLあそボーイ(SL8620型58654号)を「銀河鉄道999号」に見立ててイベント走行しました。


ついに出現した夢のアニメ豪華列車!アニメドリームトレイン1999
走行期間 1999年(平成11年)08月01日(日)〜09月12日(日)
走行区間 JR品川駅
主催 ドリームトレイン1999実行委員会
概要 1000年に一度、「9」が3つ並ぶ1999年にちなんで、松本零士の名作「銀河鉄道999」のヘッドマークを付けて、京都梅小路蒸気機関車館(当時)からC622号機がJR品川駅まで牽引され、銀河超特急999号として登場しました。


北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線「999ラッピング列車」運行
走行期間 2002年(平成14年)11月02日(土)〜2006年4月20日(木)
走行区間 ふるさと銀河線 北見駅〜池田駅
主催 北海道ちほく高原鉄道
概要 北海道唯一の第3セクター鉄道北海道ちほく高原鉄道「ふるさと銀河線」(北見市〜十勝管内池田町、140キロ)に2002年11月から、松本零士のアニメ「銀河鉄道999」のキャラクター列車が登場しました。松本先生のアニメを使った列車の運行は全国で初めてでした。


「銀河鉄道999」号を走らせて上信電鉄をサポートしよう!
走行期間 2008年(平成20年)10月19日(日)〜2012年(平成24年)09月09日(日)
走行区間 上信電鉄 高崎駅〜下仁田駅
主催 上信電鉄
概要 上信電鉄の存続及び沿線の活性化について、ラッピング費用550万円を目標に1口1000円以上の寄付を募って目標額を上回り、松本先生がボランティアで協力し、999のキャラクターを配した列車を、2008年10月20日から運行しました。


西武鉄道「銀河鉄道999デザイン電車」運行(初代)
走行期間 2009年(平成21年)05月01日(金)〜2014年(平成26年)12月20日(土)
走行区間 西武鉄道池袋線系(池袋線・西武秩父線・豊島線・狭山線)
主催 西武鉄道
概要 松本先生の思いとアニメ産業の振興とアニメの活用による地域の活性化を目指す練馬区、沿線の魅力アップをはかりたい西武鉄道の意向が合致し、池袋線系(池袋線・西武秩父線・豊島線・狭山線)において「銀河鉄道999デザイン電車」の運行が開始しました。


今再び、万感の思いを込めて走り出す 銀河超特急999
走行期間 2009年(平成21年)09月09日(水)
走行区間 大井川鉄道 新金谷駅〜千頭駅
主催 鉄道部品屋「ジャパレ」
概要 2009年9月9日(水)、9が3つ並ぶ「999の日」に鉄道部品屋「ジャパレ」のイベント企画にて、大井川鉄道で蒸気機関車C11190を使った「銀河超特急999号」が走りました。


北九州モノレール開業25周年記念「銀河鉄道999号」ラッピングモノレール運行
走行期間 2010年(平成22年)03月27日(土)〜2015年(平成27年)03月
走行区間 北九州モノレール 小倉駅〜企救丘駅
主催 北九州高速鉄道
概要 北九州モノレールでは、2010年(平成22年)3月27日から開業25周年を記念したラッピングモノレール「銀河鉄道999号」を3年間の予定で運行する予定でしたが2018年2月まで延長運行されました。


肥薩おれんじ鉄道“夢”プロジェクト始動!「肥薩おれんじ鉄道×銀河鉄道999」
走行期間 2010年(平成22年)07月07日(水)〜2015年(平成27年)10月03日(土)
走行区間 肥薩おれんじ鉄道 八代駅〜川内駅
主催 肥薩おれんじ鉄道
概要 2010年7月7日、「銀河鉄道999」とタイアップしたラッピング列車「星の列車」の運行を開始。星の列車の側面には、鉄郎とメーテルが星空を見上げている様子があしらわれました。


銀河鉄道999in秩父「SL銀河鉄道999号」スペシャルイベント
走行期間 2010年(平成22年)08月31日(火)
走行区間 秩父鉄道 熊谷駅〜三峰口駅
主催 秩父アニメツーリズム実行委員会
概要 鉄道イベント「銀河鉄道999in秩父」が開催され、会場となった西武鉄道西武秩父駅と秩父鉄道三峰口駅をはじめ、秩父鉄道のSL(C58-363号機)がヘッドマーク「999」を取り付けて「銀河鉄道999号」として運行。西武鉄道で運行されている「銀河鉄道999ラッピング電車」も西武秩父駅へ乗り入れました。


梅小路蒸気機関車館 夏休みイベント「銀河鉄道999とC62形蒸気機関車」
走行期間 2013年(平成25年)07月20日(土)〜09月01日(日)
走行区間 梅小路蒸気機関車館
主催 梅小路蒸気機関車館
概要 2013年7月20日から9月1日の夏休みに「銀河鉄道999」の999号のモデルとなったC62蒸気機関車とのコラボ企画があり、梅小路蒸気機関車館に保存しているC621とC622が999号バージョンとなって展示されました。


しもだて美術館「松本零士展-夢の彼方へ‐」タイアップイベント列車「真岡鐡道999号」運行
走行期間 2016年(平成28年)05月21日(土)・22日(日)、06月11日(土)・12日(日)
走行区間 真岡鐡道 下館駅〜茂木駅
主催 真岡線SL運行協議会
概要 茨城県筑西市にある「しもだて美術館」で、2016年5月21日から7月10日の日程にて「松本零士展-夢の彼方へ-」が開催され、関連イベントで、5月21日(土)、22日(日)、6月11日(土)、12日(日)の4日間のみ、真岡鐡道で「真岡鐡道999号」が走行しました。


あの銀河鉄道999号が常総線で期間限定運行!しもだて美術館「松本零士展-夢の彼方へ-」タイアップ企画 乗るなら、撮るなら!今しかない!!
走行期間 2016年(平成28年)05月21日(土)〜07月10日(日)
走行区間 関東鉄道常総線 下館駅〜取手駅
主催 関東鉄道
概要 茨城県筑西市にある「しもだて美術館」で、2016年5月21日から7月10日の日程にて「松本零士展-夢の彼方へ-」が開催され、タイアップイベントで、関東鉄道常総線で「関東鉄道999号」が走行しました。


西武鉄道「銀河鉄道999デザイン電車」運行(2代目)
走行期間 2016年(平成28年)10月08日(土)〜2019年(平成31年)03月24日(日)
走行区間 西武鉄道池袋線
主催 西武鉄道
概要 20000系車両(8両編成)をキャンパスに松本先生による新たな描き下ろしデザインで生まれ変わった新「銀河鉄道999デザイン電車」が2016年10月8日(土)から2019年3月24日(土)まで池袋線系(池袋線・西武秩父線・豊島線・狭山線)にて再び運行しました。


北九州モノレール NEW「銀河鉄道999」号(2代目)
走行期間 2017年(平成29年)4月22日(土)〜現在運行中
走行区間 北九州モノレール 小倉駅〜企救丘駅
主催 北九州高速鉄道
概要 北九州モノレールでは、2015年3月まで「銀河鉄道999号」が運行されていましたが、2017年(平成29年)4月22日(土)から新デザインの「銀河鉄道999号」が運行開始されました。




【銀河鉄道車両局へ戻る】