【関連事業局受付に戻る】

銀河鉄道関連事業局
東映アニメーション
松本零士先生 連載開始30周年記念作品
「銀河鉄道999 星空はタイムマシーン 太陽系・恐竜絶滅篇」
2007年〜  全国の科学館・博物館・水族館やプラネタリウムなど

 


作品概要
作品名

松本零士先生 連載開始30周年記念作品

  銀河鉄道999 星空はタイムマシーン 第1部 太陽系・恐竜絶滅篇
上映時間 約32分
資料提供 NASA、ISAS/JAXA、東海大学情報技術センター
全体構成 第1部「太陽系・恐竜絶滅篇」(公開済)
  第2部「外宇宙・馬頭星雲篇」(未公開)
  第3部「超時空・星空はタイムマシーン篇」(未公開)
ストーリー 絶滅したはずの恐竜が地球外で生きていた!
木星の衛星「エウロパ」に生命体が、永久氷土の下に未来都市が存在―2×××年− 地球・未来都市メガロポリスの博物館に突如現れた少女。
少女の名はジュラ・マリーナ。恐竜の骨格標本の前に涙する少女はかって恐竜が滅びたように人類も滅亡すると予言する。小型宇宙船で宇宙に消えていった少女を鉄郎とメーテルが999号で追った。
木星の大赤斑に巻き込まれ遭難していた小型宇宙船から鉄郎は少女を助けだし、その故郷のある木星の衛星エウロパにたどり着く。
少女は6500万年前の絶滅から生き延びた恐竜の子孫だった。恐竜の一部が何者かによって救出され、氷で覆われた氷土の下の海で恐竜人間の種族への進化していたのだ。だがエウロパの都市もまた CO2による温暖化が進み崩壊の一途をたどっていたため、ジュラ一族も新たなるコロニーを探して移民計画を立てていた。
地球が同様の運命をたどらないようにするためにはどうすれば良いのか・・・
ジュラ一族に伝わる救世主伝説とは?人類の存亡をかけ鉄郎とメーテルが、再び999号で外宇宙へと旅立つ。
(C)松本零士/東映アニメーション


製作スタッフ&キャスト
原作・総設定 松本零士
音楽 タケカワユキヒデ
指揮 和田薫
演奏 日本フィルハーモニー交響楽団
監督 門田英彦
CG監督 野口光一
映像監修 吉澤孝男
脚本 武上純稀
監修 JAXA 教育センター長 的川泰宣、東京大学教授 松井孝典
企画・製作 東映アニメーション株式会社
配給 東映アニメーション株式会社
配給協力 株式会社プロマックスピクチャーズ
声の出演 星野鉄郎:野沢雅子、メーテル:池田昌子、車掌:肝付兼太、ジュラ:鈴木真仁、
  レイラ:麻上洋子、ハーロック:中井和哉、エメラルダス:柳井久代、ジュラ父:掛川裕彦、
  ジュラ母:萩森q子、博物館内アナウンス:高塚正也、999号:小松里歌、ナレーション:阪 脩
  協力/青二プロダクション


上映館リスト

投影期間

投影館

住所

2007年07月14日〜08月26日

郡山市ふれあい科学館

福島県郡山市駅前2-11-1

2007年07月14日〜10月08日
長崎市科学館
長崎県長崎市油木町7番2号
2007年07月14日〜08月31日
中部電力(株)浜岡原子力館
静岡県御前崎市佐倉5561
2007年10月01日〜12月31日
名古屋港水族館
愛知県名古屋市港区港町1番3号
2007年11月03日〜2008年01月06日
山梨県立科学館
山梨県甲府市愛宕町358-1
2007年12月01日〜2008年05月25日
さいたま市宇宙劇場
埼玉県さいたま市大宮区錦町682番地2
2008年01月05日〜04月06日
所沢航空発祥記念館
埼玉県所沢市並木1-13
2008年05月17日〜2009年05月10日
向井千秋記念こども科学館
群馬県館林市城町2番2号
2008年05月24日〜11月30日
大崎生涯学習センター パレットおおさき
宮城県大崎市古川稲葉字亀ノ子111-1
2008年06月07日〜08月31日
府中市郷土の森博物館
東京都府中市南町6-32
2008年08月11日〜08月17日
西海パールシーセンター
長崎県佐世保市鹿子前町1055番地
2008年12月06日〜2009年04月05日
さぬきこどもの国
香川県高松市香南町由佐3209
2020年9月21日、22日
サイエンスヒルズこまつ
石川県小松市こまつの杜2番地
2007年09月23日〜25日
GSCA2007大型映像世界大会出展
バンクーバー
2007年11月12日〜13日
JSTC2007大型映像国内大会出展
サントリーミュージアム・天保山


上映館発行のチラシ
銀河鉄道資料室パンフレット保管係の銀河鉄道999プラネタリウムのページをご覧下さい。
 
プレスリリース
「松本零士先生 連載開始30周年記念作品 銀河鉄道999星空はタイムマシーン 太陽系・恐竜絶滅篇」プレスリリース





【関連事業局受付に戻る】