【戻る】

Steam Locomotive 資料室

Steam Locomotive 8620 Museum

SL8620型58654号機が「銀河鉄道999号」に見立てて走行しました。

 

 
 

銀河鉄道999号で阿蘇へ行こう!

 
1999年7月18日(日)〜8月31日(火)の夏休み期間中に、熊本県のJR九州豊肥本線にて、SLあそボーイ(SL8620型58654号)を「銀河鉄道999号」に見立たイベントにて走行しました。


このイベントの写真は、当館の常連客である嵐三太勇さんによって撮影されたモノを当館より感謝の意を込めて展示しています。
 


SLあそBOYを正面から見たところ
宮地駅にて
除煙板は通称デフ(小倉工場式除煙板)です。

SLあそBOYを右側から見たところ
宮地駅にて

SLあそBOYをテンダー車右側から見たところ
宮地駅にて

SLあそBOYをテンダー車左側から見たところ
熊本駅にて

SLあそBOYを左側から見たところ
熊本駅にて

計器類です。
機関士さんお熱い中ありがとうございます。

焚き口です。
C62とはちょっと違いますね。

この機関車は大正11年に日立製作所で作製され、昭和50年3月9日の最後の運転までの間、九州各地で活躍しました。その間の走行キロは334万キロで、これは地球の周りを約84周回ったことになります。 その後、矢岳駅前の人吉市SL展示館に保存展示されていたものを小倉工場で修復し復活したものです。

昭和63年8月 九州旅客鉄道株式会社

【戻る】